表示サイズを変更
サイトの機能の便利な使い方
あいぽーと徳島 徳島県立人権教育啓発推進センター
サイト検索
TOP > あなたならどうしますか 暮らしの中の人権 -基本計画-
あなたならどうしますか 暮らしの中の人権 -基本計画-
徳島県人権教育・啓発に関する基本計画について

 人権とは、人間の尊厳に基づいて各人が持っている固有の権利であり、社会を構成するすべての人々が個人としての生存と自由を確保し、社会において幸福な生活を営むために欠かすことのできない権利です。
 また、人権尊重の理念は、自分の人権のみならず他人の人権についても正しく理解し、その権利の行使に伴う責任を自覚して、人権を相互に尊重し合うこと、すなわち人権の共存の考え方と理解されています。
 徳島県では、「すべての人々の人権が尊重され、相互に共存し得る平和で豊かな社会」の実現をめざして、平成16年12月に「徳島県人権教育・啓発に関する基本計画」を策定しました。


【人権教育・啓発の基本的在り方】
 人権は何より大切なものであり、人権の尊重が行政の行動基準とされなければなりません。職員一人ひとりが人権を尊重した行政の担い手としての自覚を持ち、県行政のあらゆる分野で人権尊重を基本とした行政を推進します。
県民が主体となる人権教育・啓発の推進
理解と共感を得られる人権教育・啓発の推進
あらゆる場を通じた人権教育・啓発の推進
同和教育及び同和問題啓発の成果等を踏まえた人権教育・啓発の推進
実施主体間の連携による人権教育・啓発の推進
普遍的な視点と個別的な視点からの人権教育・啓発の推進

【人権教育・啓発の推進】
人権教育
学校教育(保育)における人権教育
人権尊重を基盤とする学校教育(保育)活動の展開
指導内容・指導方法の改善
学校・家庭・地域の連携の推進
教職員の資質の向上
社会教育における人権教育
家庭での人権教育の充実
多様な学習機会の充実
学習意欲を高める学習プログラムの開発・提供
指導者養成や資質の向上
人権啓発
県民に対する人権啓発
県民に対する啓発活動の充実
マスメディア等の活用
家庭・地域に対する人権啓発
市町村等との連携・支援
地域での指導者の養成
企業に対する人権啓発


【人権に関わりの深い特定職業従事者への取組の推進】
公務員
教職員
医療関係者
福祉関係者
警察職員
消防職員
マスメディア関係者


【各人権課題に対する取組の推進】
女性
子ども
高齢者
障害者
同和問題
外国人
HIV感染者・
ハンセン病患者等
犯罪被害者等
刑を終えて
出所した人等
インターネットによる
人権侵害
アイヌの人々
様々な人権課題

【効果的な計画の推進】
推進方策
 人材の育成
 教育・啓発手法の調査・研究
 教材、教育・啓発資料の整備・充実
 マスメディアの活用等
 インターネットなどのIT(情報通信技術)の活用
 国際交流の推進
 進行管理
 計画の見直し

TOPへ戻る
このページのトップに戻る
「あいぽーと徳島」徳島県立人権教育啓発推進センター
〒770-0873 徳島県徳島市東沖洲2-14沖洲マリンターミナルビル内
指定管理者 電話:088-664-3719/FAX:088-664-3727
男女参画・人権課分室 電話:088-664-3701/FAX:088-664-3712