表示サイズを変更
サイトの機能の便利な使い方
あいぽーと徳島 徳島県立人権教育啓発推進センター
サイト検索
TOP > あなたならどうしますか 暮らしの中の人権 -障害者-
あなたならどうしますか 暮らしの中の人権 -障害者-
障害者

車いすは邪魔?
  太郎さんは車いすで職場から家に帰る途中、商店街へ買い物に行きました。
 しかし、目当ての八百屋さんに行くと入口に段差があり、なかなか入れませんでした。
買い物客1
「店の入口で邪魔ね。うろうろしないで欲しいわ。」
と、八百屋さんから出てきたお客さんが言いました。
 また、それを見ていた、買い物客が、友人と話しています。
買い物客2
「車いすなんて、かわいそうやな。」
買い物客3
「本当に・‥。」
もし、あなたが、その場にいたらどうしたいですか?

ポイント
 ●お店に段差があり、障害のある人が入れないことについて、どう思いますか。
 ●障害のある人は、不幸なのでしょうか。
 ●障害のある人の自立と社会参加を進めるうえで、障壁となっているものは何でしょうか。


考えを深めるために
 身体的、知的及び精神的な点において日常生活を営む上で支障があること、このような状態にあることを「障害がある」といいます。私たちは、知らず知らずのうちにこのような障害のある人たちとの間に心の壁(意識上の障壁)を作っていないでしょうか。

 障害のある人とのコミュニケーションは、最初とまどったり難しく思えることがあるかもしれません。といって、障害のある人を避けたり、自分たちと違った人と思ったりすることも、どうでしょうか。例えば、あなたが、たまたまけがをしていつものように動けないことがあるように、障害のある人は何も特別な存在ではありません。もちろん、その人の障害の特性を考えてコミュニケーションの方法などを配慮することは必要ですが、「障害者だから…」と考える前に、障害のある人も、同じ一人の人間であるという当たり前のことを忘れてはなりません。

 障害のある人もない人も誰もが同じように住み慣れた地域であたりまえの生活ができるようにするというノーマライゼーションの理念を誰もが理解し、障害のある人が生涯にわたって元気で自立した生活を送ることのできる社会づくりが求められています。





ノーマライゼーション
ノーマライゼーション

相談窓口はコチラから
TOPへ戻る
このページのトップに戻る
「あいぽーと徳島」徳島県立人権教育啓発推進センター
〒770-0873 徳島県徳島市東沖洲2-14沖洲マリンターミナルビル内
指定管理者 電話:088-664-3719/FAX:088-664-3727
男女参画・人権課分室 電話:088-664-3701/FAX:088-664-3712